引き違い窓用の網戸|用語/アルミサッシとエクステリアの豆知識
 ☆別窓で開く便利な検索窓です。どうぞご利用下さい!
カスタム検索

引き違い窓用の網戸

網戸の中でも一番よく目にするのが引き違いサッシ用の網戸です。
網戸の閉まり具合等のちょっとした調整はご自分でも簡単にできます。
キイキイなっている網戸は調整してやりましょう。


アルミサッシとエクステリアの豆知識

一番よく目にする引き違い窓の網戸のしまり具合や動きが悪いと困ってしまいますね。そんな時は、ちょっとした調整や修理で簡単に直ってしまう場合が結構あります。ほとんどがご自分でも出来る作業だと思いますのでトライしてみて下さい。

網戸を閉めても横に隙間が開いてしまう。

網戸を閉めても横に隙間が開いてしまうのは、サッシに対して網戸が垂直になっていないのが一番の原因と考えられます。例えば外側から見て左に網戸を閉めた時、左下に隙間が開いていれば、網戸が左に傾いていることになり、左上に隙間が開いていれば右に傾いていることになります。夏場はこんな隙間からも虫が進入してくるので簡単に調整できれば、うれしいですね。


戸車調整1
戸車調整1
戸車調整2
戸車調整2
写真中央部のビスで網戸が上下。
戸車調整3
戸車調整3
中央部のビスで網戸が上下。
取り替え用戸車
取り替え用戸車
ほとんどの網戸は戸車の高さを簡単に調整できるようになっています。網戸の側面下部に戸車の高さ調整用のビスが付いている場合は、そのビスを右に回す(締める)と戸車の高さは上がります。網戸左側のビスを締めると網戸の左側が上がります。右側のビスを締めると右側が上がります。逆に左側のビスを右に回す(緩める)と網戸の左側が下がります。
つまり網戸が左に傾いている時は、左側のビスを右に回すか右側のビスを左に回してやると網戸とサッシ枠の隙間は無くなっていくということになります。(但し左側に回す(緩める)場合、ストッパーの付いていない網戸だとビスが取れてしまう場合があるので気をつけてください。)

この高さ調整用のビスは、網戸の正面についている場合もあります。その場合は、ビスを一旦緩めてやるとビスそのものが上下する構造になっている網戸が多いみたいです。この他網戸の下面(網戸を一旦取り外さなくては見ることが出来ません。)戸車に直接ビスが付いている場合もあります。いずれにしても高さ調整用のビスは、戸車の近くにあるはずですので、探してみてください。

網戸を開閉する時にサッシ枠にすってしまう。


この場合は網戸が下がりすぎているので、上の項と同じ方法で戸車の高さを調整(ビスを右に回します。)してやれば、ほとんどの場合大丈夫です。
この時気をつけることは調整をする前、網戸の傾きが無かった(閉めた時に隙間が出来ない)のならば、左右両方のビスを右に回してやることです。そうすることによって、網戸の高さが左右均等に上がります。

又、長期間網戸とサッシ枠がすれた状態だと網戸の開閉が大変なだけでなく、サッシ枠が網戸に削られてしまいます。網戸が壊れても1万円位(掃きだしサイズ)で新しい網戸を購入すればすみますが、サッシ枠は家の壁の中に入っているので簡単に取り替えるわけにはいきません。取り替え工事となるとかなりの金額が必要になってしまいます。網戸がサッシ枠にすれているのを見つけたらぜひ早めに、調整して下さい。

網戸がスムーズに動かない


網戸がサッシ枠に擦っているわけでもないのにスムーズに動かない場合は、戸車が割れていたりよく回らないといった事が考えられます。
網戸をサッシ枠からはずして戸車を見ればすぐに分かります。

戸車がよく回っていない時は、ほこりがたまっている場合があるので、ほこりを取って油を差してみて下さい。それでも動かなかったり戸車が割れている、戸車が無いといった場合は、新しい戸車をセットしてやらなければなりません。業者に頼んでもいいのですが、ホームセンター等にも取替え用の戸車が売っています。

取替え用の戸車は、網戸の下面からカポッとはめ込むだけなので楽に取り付けられます。この場合壊れた戸車は無理に取り外さずそのままにしておいた方がよいでしょう。(純正の戸車の取り付け、取り外しは網戸を一旦分解しなければならない物もあります。)ご自分で、戸車を購入する場合は、網戸の厚みを測ってからお店に行きましょう。戸車は、網戸の厚みによって何種類に分かれています。

網戸の外れ止め


外れ止め@ 外れ止めA
外れ止め@外れ止めA

例えば2階以上でベランダの無い部屋の網戸が何かの拍子で外れてしまったらどうなるでしょうか。当然網戸は下に落ちます。ベランダがあれば網戸が外れてもたいしたことは無いのですが、いくら軽い網戸でも2階から落ちてきて頭に網戸の角が直撃したら大変なことになりますね。網戸にはこうしたことを防ぐために、外れ止めが付いています。

通常、網戸側面上部に外れ止めは、ついていますので一度家中の網戸をチェックすることをお奨めします。洗面所などにある縦に細長くそんなに大きくない網戸は、外れ止めをしておかないと網戸を動かした時にななめになりやすいので、1階の網戸も出来れば外れ止めをしておいた方がよいと思います。

@の要領でビスを緩めて Aのようにサッシ枠にはずれ止めが付かない程度押し上げます。後は先ほどのビスを締めて出来上がりです。 (左の写真は、撮影のためサッシ枠からはずしていますが実際は、サッシ枠にはめた状態で作業をします。)
もし外れ止めをセットしたあと網戸の動きが悪くなったら、はずれ止めを上げすぎてサッシ枠に当ってしまっているということなので、ほんの少しはずれ止めを下げて下さい。

逆に言うと、網戸をはずそうとしもはずれない時は、外れ止めが効いているということなので、そのまま無理にはずそうとせず外れ止めのビスを緩めてから網戸をはずすようにしてくださいね。

網戸のサイズ

ご自宅の網戸が壊れてしまい新しい網戸を取り付ける場合、その網戸のサイズが問題になります。元の網戸がある場合はその網戸のサイズを測ればいいのですが、元の網戸が無い場合はどのようにして測ればよいのでしょうか。


横を測る 横を測る
横を測る横を測る
左右に窓を開けそれぞれ測る。
縦を測る
縦を測る

網戸
縦を測る(メジャーが当っているところが網戸レール下端)

網戸
縦を測る(2007mm位のところが網戸レール上端)
(上の例では、2007mm+10mm=2017mmが網戸の高さです。)

私は新規の網戸に関しては、基本的にサッシさんにお願いした方がよいと思います。ご自分でサイズを測りホームセンター等で購入して、いざはめてみようとしたら網戸が大きすぎて(小さすぎて)はまらないってことは結構あるみたいです。サッシ屋さんにお願いすればそんなことは無いでしょうしぴったりの網戸が手に入りますね。但し金額的にどうなんだろう・・・って思いますよね。参考までにですが、1間6尺用(掃きだしサイズ)の網戸で(取り付け費、作業費もいれて)大体1万円前後であればいいのではないのでしょうか。

又、サイズ調整できる網戸もありますが、できればその窓にぴったりサイズのあった網戸のほうが良いと思います。サイズ調整できる網戸はその部分が弱い場合があるので、せっかく新しくした網戸も数年後にがたがたにならないとも限りません。それでもいいサッシ屋さんが近くにない場合、ご自分で網戸のサイズを測ってなんとかしなくてはなりませんよんね。そんな時は下を読んでみて下さい。

基本的には、網戸の幅は窓(障子と呼びます。)の幅と同じです。一応窓を開けた状態にして窓の幅を基準にして測ってみるとより確実です。但し窓を左に開けた時と右にあけた時、開口幅が極端に違う場合があります。その時は窓の幅にとらわれず開口幅に合わせるようにしましょう。
網戸の高さを算出するにはまずサッシ枠の網戸のレールの内法を測ります。上のレールの下端から下のレールの上端までの長さを測りその値に1cm足した値が網戸の高さということになります。

アルミサッシとエクステリアの豆知識
NetShoppingTESSHI-e
楽天で探す
楽天市場
stmxで探す
stmx