引き違い窓/アルミサッシとエクステリアの豆知識
 ☆別窓で開く便利な検索窓です。どうぞご利用下さい!
カスタム検索

引き違い窓

窓の中でも一番よく見かけられるタイプの引き違い窓にも、2枚障子、3枚障子、4枚障子や面格子付きシャッター、雨戸付きサッシ等色々あります。
ちょっとしたことを知っておけば、簡単に調整も出来ます。


引き違い窓

一般の住宅で一番多く見られるのが、引き違い窓です。どのお宅にも必ずありますね。 引き違い窓の中でも それぞれシャッター付、雨戸付、面格子付、窓のみ(単体)のサッシに分かれます。
又、巾が広い(1.5間、2.0間)サッシの場合3枚窓、4枚窓の引き違いサッシもあります。
私は、巾が広い(1.5間、2.0間)サッシの場合3枚窓、4枚窓のサッシの方が、よいと思います。2枚窓の方が、窓枠が少なく外がよく見えるのですが、1枚の窓が大きくなる分、重くなり窓を支えている戸車、更にサッシ枠のレールの部分への負担が大きくなってしまうからです。勿論各メーカーも頑丈な部品を使っているのですが、やはり1枚の窓が軽い3枚、4枚窓のサッシの方が、安心です。

引き違い窓の鍵の名前ってなんていうの?


引き違い窓(単体サッシ) クレセント錠

クレセント錠といいます。crescentとは、英語で三日月のことをいいます。回転する部分が似ていることからこう呼ばれているのです。
錠はクレセント錠の他に窓の下のほうに付いている「サブロック」、「戸先錠」が 付いているタイプもあります。

引き違い窓の鍵の調整の仕方って難しい?


引き違い窓(シャッターサッシ) 引き違い窓(面格子付サッシ)

クレセント錠の調整が悪く、しまりがやたら硬かったり、ゆるすぎて窓がきちんと閉まらないサッシって結構ありますよね。
そんな時は、いくつか簡単に直す方法があります。

@クレセント錠を上下させて調整する。
窓枠にクレセント錠を取り付けているビス(上の写真で上下二つ見えているビスです。)を少し緩めてやると、クレセント錠が上下に動きます。その状態で、窓を閉めて普通に鍵をかけて、無理の無い位置にクレセント錠を上下させ再び先ほどのビスを締めてクレセント錠を固定してやります。
(※この時、ビスは完全に抜いてしまっては駄目です!サッシによっては、枠の中に座金という部品が入っていて、ビスを完全に抜いてしまうと落ちてしまい、修理するには、窓枠を分解しなくてはならなくなる場合があるからです。ビスは、クレセント錠が動くくらい緩めるだけにして下さい。)
ビスが見えないクレセント錠は、カバーがしてありますのでそれを取ればビスが出てきます。

Aクレセント錠の受け側を左右にずらす。
@と同じようにクレセント錠の受け側(フックみたいなほう)にもサッシに固定するビスが2本付いています。これも@の要領で、調整することができます。
それでも直らない場合は、戸車を調整して窓そのものを少し傾けてやる方法もあります。

単体のサッシにシャッターってつけられるの?


引き違い窓(雨戸サッシ)

大丈夫です!つけられます。シャッターや雨戸、面格子は後付け用が用意されていますので取り付けることが出来ます。
ただし、その窓のまわりに、シャッターの場合シャッターを格納するボックス、雨戸の場合は戸袋を取り付けるスペースがないと無理です。
又、後付のシャッター、雨戸の場合は壁の上から取り付けますので壁にあまり段差があると取り付けられなかったり補修工事が必要になったりすることもあります。

アルミサッシとエクステリアの豆知識
NetShoppingTESSHI-e
楽天で探す
楽天市場
stmxで探す
stmx